アニースローンチョークペイントのお店です。写真撮影用ボードの販売・ワークショップしています。

「アントワネット」はショップカラー?ショップ写真が激変「こよなく」オーナー「土屋」さん

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

アンティークショップ 「こよなく」を運営されている「土屋啓子」さんのご依頼で
写真撮影用スタイリングボードを作成しました。

tuchiya

色は、「アントワネット」 裏は「ダックエッグブルー」 のボードを2枚ご注文頂きました。
とても人気のある、使いやすい色です。

土屋さんはチェリービーンズと同じショッピングカートの会社でショップを運営される方で、
私が昨年通ったカート運営会社のスクール担当の先生が共通の知り合いだったことがきっかけで、SNSでお友達になりました。
そんなことから、私がやっているフォトスタイリングに興味を持たれたようで、
自由が丘のスタジオに通い始められ、ボードの必要性を感じられ、ボードをご注文頂きました。

最初お送りして、ボードを使ったお写真を拝見させて頂いた時はまだボードを
使いこなせていらっしゃいませんでした。
いくつかアドバイスをさせて頂きましたが、いつの間にかとってもお上手になられました。
(土屋さん 暴露してごめんなさい)。
フォトスタイリング2級講座で私が尊敬する「南都礼子」フォトグラファーのクラスを
受けていくうちに、めきめき腕を上げられ、お写真が変わってきたのです。
そして、いつの間にか「アントワネット」が土屋さんのショップカラーっておもえるほど、
上手くイメージを掴まれて表現されています。 shop全体の雰囲気が変わってきました。

ボードによって表現が変わると先日記事にしました。記事はこちら➡作品撮りがこんなに変わる。
フォトスタイリングを習うことによって更なる進化を遂げておられます。
そばで見ていて、土屋さんの進化がうれしくて、素敵なお手伝いができてよかったと思っています。

 

アンティークショップ「こよなく」さんのショップはこちらから

フォトスタイリングの講座はチェリービーンズでも開講していますが、
6月以降体験会を含めて2級講座を実施予定です。
興味ある方はまたご案内いたしますので、どうぞよろしくお願いします。

tuchiya2

ボードを使ってのご感想をいただきました。

この10年位、ヨーロッパのアンティークのWEBショップをしています。
いつも課題はアンティークの商品の空気感が伝わるような写真を載せたいなと思っていました。
そんな写真の撮り方を教えてくれるところをいつも探していたのですが、
荒井さんとお知り合いになって、フォトスタイリングがあることを知りました。

南都先生の講座は目からうろこの連続でした。少しずつですが意識して写真を撮るようになって商品の魅力が、少しづつお客様にお伝えできるようになってきているかなと思っています。
そしてその写真のスタイリングに欠かせないのがスタイリングボードなのです。
こちらは素敵なペイントでチェリービーンズ様に作っていただきました。
今はそのボードを活用して撮影しています。
これからも色々なボードのバリエーションを増やして商品の魅力が伝わる写真にしていきたいなと思っています。
荒井さまこれからも素敵なボードやペインティングを提案してくださいね。

アニースローン チョークペイントでお作りする写真撮影用スタイリングボードは色がきれいで、質感があります。
商品写真を撮る場合、下に置く下地によって大きくイメージが変わります。
アニーのマット感は主役をやさしくサポートします。
ご自身のイメージする色のボードが1枚見つかると、ショップやお教室のイメージがしやすいです。
後はバリエーションを増やして、差し色にしたり、ティストを変えたり、作りたいイメージを探します。

どんな色をボードに選び、どんなイメージで撮影したいですか?
イメージするボードをお作りいたしますし、ワークショップでお作りのお手伝いもいたします。
一緒に考えていきましょう。

 

ペイントに関するご相談も、個別にお受けしています。
info@cherrybeans.jp かもしくは上のお問い合わせからどうぞ。
ペイントが初めての方向けに、ワークショップも開催しています。

また素敵なボードのご使用例をご紹介します。

アニースローン チョークペイント・ワークショップ・フォトスタイリング チェリービーンズ
お買い物はチェリービーンズのショップサイトにて
webshoplogo

ブログランキング参加しています。皆様の応援 励みになります。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Instagram


2015年05月05日 | Posted in ペイント実例 | | Comments Closed 

関連記事