売れ残ったきつい色目の椅子をリペイントして別物に、アップサイクル最高!

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!
何度も登場してくれているアニースローンチョークペイント愛好家の花里さんがペイントされた椅子をご紹介します。
チェリービーンズでも最近はよく使っているテクニック、重ね塗りをされました。

花里さんは「オールドホワイト」と「ダックエッグブルー」の色の重ね塗りです。
まずオールドホワイトを塗ってからダッグエッグで重ね塗りされました。

after 写真です。

12735733_891423507642056_331809168_n

単色では出せない時は混色されることも多いですが、混色をすると足らなくなった時に同じ色が作れるかという問題がでたりします。

厳密には好みの色の割合を確かめて作るのがベストなんですが、混色まで行かなくても単色の色に別の色を塗り足すことによって微妙なニュアンスが生まれます。

花里さんはそんなニュアンスのある椅子を楽しんでペイントされています。

ちょっと色がきつくて売れ残っていた椅子をゲットされたそうです。

12736467_891423470975393_721648569_n

塗り替えたらこんな感じ。 別物ですよね。

12721568_891423504308723_839103027_n

12695794_891423480975392_1792848453_n
花里さんにペイントについておたずねしてみました。

今後塗ってみたいものは大きな食器棚とかの大物に挑戦したいのですが、なかなか機会がないです。
アニーの筆があればシャビーな感じはお手の物になりましたが、逆にベタ塗りはどーしたらいいんだろうと疑問が出てきました。
ので、そんなワークショップもあればなと思います。質感そのままの綺麗系の仕上げ方法をお聞きしたいし、やってみたいです。

下処理なしで塗れるところは非常に大きな魅力で、時間がない人でも思い立ったらすぐ塗れる所が一押しです。
他のペイントに比べて仕上がりがピカピカしない所が好きです。

アニースローンチョークペイントはシャビーな塗り方が得意で、ニュアンスを出す表現もトーンがそろっているから簡単にできます。

あなたはどんなアイテムを何色にペイントしたいですか?

チェリービーンズでは迷える時はアドバイスをさせていただきます。お色目提案もさせていただきます。

アニースローンチョークペイントのご購入はこちらから

 

お気軽にご相談下さいませ。一緒に考えていきます。 info@cherrybeans.jp もしくはお問い合わせからコンタクト下さい。

ペイントを始めて見たい人、一緒に作りたい人募集中

3月のワークショップです。

ワークショップのお申し込みはこちらから

チェリービーンズ アトリエ ワークショップ
3月8日(火) シャビーボード
3月17日(木) ストーンボード
3月23日(水)  初級編

 

 

 

 

アニースローン チョークペイント・ワークショップ・フォトスタイリング チェリービーンズ
お買い物はチェリービーンズのショップサイトにて
webshoplogo

ブログランキング参加しています。皆様の応援 励みになります。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Instagram


2016-02-19 | Posted in インテリアペイント実例, ペイント実例Comments Closed 

関連記事