手持ちの写真撮影用ボードにプラスして別色ボードに・・アイシングクッキーの先生アイデア

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!
ワークショップで写真撮影用ボードを制作いただいた塩見かおりさんのアイデアをご紹介します。
塩見さんはアイシングクッキーの先生をされています。
shiomi
制作作されたのは「オールドホワイト」のシャビーボードです。 一番スタンダードなボードで応用範囲が広いボードです。お色目が一番スタンダードで最初の1枚は
「オールドホワイト」をお勧めしています。それ自体も活躍の場が多々あると思うのですが、撮影するアイテムによってはいろいろな色のボードで対応できるとバリエーションが広がります。
といっても何枚ものボードを持つのも場所を取ったりしますので、この方法もお試しの価値ありですね。
杉板シャビーボードはこちらのタイプです。
tanabefront
塩見さんは制作された杉板(80x50cm)のボードに薄い色のついた和紙を載せて撮影されました。
和紙のみで撮影するのと違い、下の杉板の気配がすることで、色が付いたボードのような感覚で撮影ができます。
ポイントは和紙がすけて、下のボードが見えることです。
100均セリアのものを使用されました。
皆さんもお試しされてはいかがでしょうか?
撮影物は今はやりの奈良のイコマ製菓本舗のレインボーラムネ。 絵になりますよね。かわいい。
水色の下地とぴったりです。ボードのシャビー部分がいい影になって撮影のアクセントになります。
このラムネは抽選らしく、4月は10万通の中から3500名が変えることになったらしい、幻のラムネなんです。
塩見かおりさんのブログはこちらからです。 アニースローンペイントのことを記事にして頂いています。
アニースローンペイントでペイントした写真撮影用ボードは自然な板目を出しているので、撮影物をじゃましないし、主役を引き立てる名脇役です。
 色目も選べるので、あなたに合ったものを選べます。
ワークショップとオーダー制作でお受けしています。1枚あれば撮影ライフは楽しくなりますよ。
ワークショップのご案内はこちらから
写真撮影用ボードのオーダーはこちらから

アニースローン チョークペイント・ワークショップ・フォトスタイリング チェリービーンズ
お買い物はチェリービーンズのショップサイトにて
webshoplogo

ブログランキング参加しています。皆様の応援 励みになります。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Instagram


2016-04-18 | Posted in ペイント実例, 写真撮影用スタイリングボード 実用例Comments Closed 

関連記事