ブログ

お気に入りのフレームで飾る 色が変わればインテリアが変わる

こんばんは

ヨーロッパでは壁にフレームをいっぱい飾る習慣があります。
きっとみなさんもインターネットの世界や海外を旅したり、
インスタグラムや雑誌、あらゆる情報で一度は目にしたことが
あると思います。

ある人はファミリー写真をある人はテイストを合わせて
ある人は色で統一したりしていますが、共通するのは

自分の「好き」をぎゅっと閉じ込めています。

あなたの好きをぎゅっと閉じ込めるにはどうしたらいいんでしょうか?

アニースローンチョークペイントを使うとフレームだったら、
あっという間、30分もかからず仕上がります。2つ合わせてです。

アニースローンチョークペイント

左は昨日の私の長文のはなしのなかにあった、フレームです。
この絵は子供の頃、習っていた英語のテキストの一部で、雑貨屋さんにバラバラで売られていたのを
懐かしさで飛びついてかったものを飾りたいと思い、自分なりにどうしたら自分らしいかを考えてみました。

思ったのは、草の色をとって、アニースローンの「レムレム」にしようと決めました。

もう一方は名古屋の手づくり市で買ったポストカード。
ブルーのカードにたいして、フレームを黄色に塗って
コントラストをつけようと思いました。

アニースローンチョークペイント

 

ペンキのオーダー

 

アニースローンチョークペイント

塗りはアニースローンチョークペイント専用の筆で塗ります。
良いツールはテンションをあげてくれるいい相棒です。
なければ、100均の筆でも大丈夫。

色を塗るポイントがあります。

1.飾りたいもののテイストにあったフレームを選ぶ。

今回はカジュアルなものを飾りたいので、木のフレームを選びました。
100均のフレームを利用したのですが、本来はもう少し
しっかりした木のフレームを使えば、普通のオブジェにも
なり、もう少し高級感もでたなと思いました。
これはこれでよかったのですが、
質のいい木のフレームをまた探してみなさんにご提供できる
ようにしたいと思います。

2. 飾りたいものに合わせて色を選ぶ。

飾りたいものの色に合わせて、フレームの色を決めて行きます。
絵の中の1色をとるとかをすると、馴染み感がぐっとでてきます。
左は絵の中の草からとった1色で、やさしいほわっとして
雰囲気に仕上げています。

右は中が割とはっきりしたブルーだけど、反対色では
ありますが、明るい黄色を選ぶことで、メリハリのきいた
組み合わせになっています。

3. 背景に紙を入れて、背景にこだわります。

アニースローンチョークペイント

今回使っているのはワックスペーパーをカットして背景にしています。 両面テープで
はり合わせるカンタンなやり方で絵を固定しています。
季節ごとやその人のタイミングでフレームを変えたい時がきたら、
カンタンに変えられるための方法です。

アニースローンチョークペイント

フレームがちょっとあるだけで、部屋中でコーナーが出来上がります。
お気に入りのコーナーをお家の中で作ってみませんか?

フレーム作成に使ったワックスペーパーはチェリービーンズ で販売中。 A3サイズです。

ワックスペーパー

ご注文は

お問い合わせ

ペイントに関することはお気軽に
お問い合わせください。

あなたのお気に入りを探してみませんか?

 

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. 簡単クラフト
  2. 佐々木みゆき
  3. アニースローンチョークペイント
  4. 写真撮影用シート

アーカイブ

PAGE TOP