ブログ

撮影ボードワークショップご参加の方のご使用例をご紹介します!

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

今日は最近のボードワークショップ(出張、アトリエ)に参加されたお客様のご使用例をご紹介します。
ご参加の方は、お花の先生、お料理の先生、アクセサリーを制作している人など、何かの表現をされている方が多いです。

どんな風に作品を撮りたいかボードを作りたいかをイメージすることをお伝えしています。
初めての場合は特に塗ることに神経が集中して、それどころではないと思うのですが、頭の隅っこにいれてもらえると結果が違ってきます。

あとはこちらの手順通りにこなしてもらいます。

初めてのご参加で、皆さん素敵なボードを作られました。
撮影された方のご使用例をご紹介させていただきます。

お一人目はフォトスタイリスト仲間、吉田タマエさん宅の出張ワークショップにご参加のRin Mukaiさん。

ストーンボード  裏はオービュッソンブルーです。

12074689_1558004777779467_8206602026115821575_n?? 12105858_1558004924446119_6095476322686456208_n

 

お二人目は同じく出張ワークショップにご参加の高松幸恵さん
クレイフラフの先生です。 ブログはこちらから⇒アトリエ花子

こちらもストーンボード

撮影物はなんとクレイでできているのですよ。びっくりしました。素敵ですね。

takamatu

こちらは裏側、アントワネットのシャビーをペイントされました。 裏表イメージが全然違うところがいいです。

可愛いお色目でバリエーションが増え、作品発表にも幅がでてくる素敵なチョイスです。

 

o0600037113462773051

最後はチェリービーンズ アトリエワークショップにご参加の八瀬千恵さん
神戸でお花の先生をされています。イメージのお写真を持ってこられたのですが、偶然チェリビに
あったものが似ていたので、そちらのお色目でされました。

yase
「クラックルボード」です。クラックルは液の塗り方、量によって出てくるひび割れの大きさが
違いますが、八瀬様の作られたボードはほどよくひびが入っていて、写真映えのする下地に
仕上がりました。

クラックルボードは主役を引き立てるもの、さりげないけれど、べた塗とは違うところが
素敵です。

八瀬さんはフレンチシャビーがお好きなお花の先生です。 八瀬ワールドの世界観

バージョンアップさせていってくださいね。

八瀬さんのインスタグラムはこちらから→Ripple_chie

ご自身で作られたボードは愛着もわき、世界で1つだけのオリジナルボードになります。2つと同じものがないところ価値あります。

ペイント初心者だって、お伝えした順番に進めていけば、簡単に作れます。

11月のワークショップも開催です。

アニースローンの質感あるペイントであなた自身のオリジナルボード作りませんか?

ワークショップのスケジュールはこちらから⇒アニースローンワークショップ

 

自分の夢を叶えるためのノート術講座
効率よくアウトプットをする方法が学べる
スーパーブレイン 講座を
をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、
自分の段取りがスムーズになり、仕事が
大きく変わりました。

「スーパーブレイン メソッド1dayプレミアム講座」
12月21日(土)
「方眼ノートベーシック講座」
12月22日開催します。(日)

申し込みはこちらから

メルマガ配信申しこみ 

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズショップ

 

関連記事

  1. チェリービーンズの写真撮影用ボード
  2. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. アニースローンチョークペイント
  2. スーパーブレイン メソッド1dayプレミアム講座
  3. 写真撮影用ボード

アーカイブ

PAGE TOP