テラコッタカラーを自分のものに、混色のコツ。

テラコッタカラーを自分のものに、混色のコツ。
こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

 

色は私たちの生活、仕事に大きく作用します。写真を撮る時、物を買う時など多くの場面で色が関係してきます。
好きな色、似合う色も人それぞれだし、色のもつ効果もあるので、自分の気持ちをうまく乗せてその場にあった色を選ぶことがとっても大事になります。

 

お客様から色に関して質問や相談をいただきます。また、自分では混色が自信ないので、混色してほしいなどのリクエストも頂きます。
混色についてちょっとしたコツを今回は書いてみようと思います。

2017年注目のカラーはテラコッタカラー

2017年秋、テラコッタカラーが流行色としてでています。 北欧のインテリアもテラコッタカラーが差し色に使われていて、壁の塗装に使われています。
チェリービーンズ
(画像はピンタレストからお借りしました。)

 

テラコッタカラーのピンクは北欧系のあたたかみのある、ナチュラルなお色目で、温かみのある、心地よい気分を演出してくれます。
お客様でアンティークショップの土屋啓子さん、ショップ撮影に使うのにテラコッタカラーを使いたいとリクエストがありました。
ヨーロッパのアンティークを扱う「こよなくさん」はかわいいものもいっぱいある素敵なアンティークショップ。2年前、チェリービーンズで「アントワネット」のボードをオーダーいただきました。
「アントワネット」もかわいいお色目ですが、「テラコッタカラー」のほうがトレンド色で、オシャレ度が高いお色目です。 2年前の記事がこちら。↓

アントワネット」はショップカラー?ショップ写真が激変「こよなく」オーナー「土屋」さん | ペイントから始まる素敵なライフスタイル提案

この時より土屋さんはますます進化され、とっても素敵なサイト運営をされています。

海外の色目や雰囲気が好きだけど、すぐ取り入れられない

海外のインテリアの写真をピンタレストや雑誌、またはWEBでよく目にするようになりました。私は海外への憧れ感が子供の頃よりあるので、つい海外の色目に注目しています。

海外のペイントも何社か日本に入っていますが、なかなか身近でないことが多いです。イギリス製のアニースローンチョークペイントはおかげさまで少しづつ認知度が上がって来ています。

アニースローンチョークペイントは36色で展開。個人の好みに微妙に合わせるためには混色で色を作ることができ、好みの色を見つけることができます。

アニースローンチョークペイントは混色しても、濁らないという特徴があります。

 

色の3原則

色の基本は赤、青、黄色で色の三原色というのはお聞きになったことはあるでしょう。アニースローンチョークペイントに関しても色の三原色をもとに色が構成されていますが、原色の色とは若干異なっています。

赤はエンペラーズシルク、青はナポレオンブルー、黄色はイングリッシュイエローが基本に置いているかなと思っています。この色の3原色をもとに目的の色を作っていきます。

アニースローンチョークペイント

 

カラーカードの活用

アニースローンチョークペイント

アニースローンチョークペイントのカラーカードは3原色のもとに色が配置されています。色を決める時はこのカードを参考に決められるとよいです。ボードをの色を決められるときもこれ1枚あるととっても便利です。ネットで分かり切れない色も本物のペイントを使っていますので、よりリアルな色が表現されています。

カラーカードはショップで販売中です。(1枚¥378)
BK-241 アニースローン カラーカード(カラーホイール)日本語版 | アニースローン,書籍 | Cherrybeansの通販

アニースローンチョークペイントのピンク色

アニースローンチョークペイント

アニースローンチョークペイントの中でピンクはアントワネット、ヘンリエッタ、スカンジナビアピンクになります。(パソコンの環境で色目が少し異なります)

色の印象で言えば、アントワネットは薄ピンク、ヘンリエッタはブルーよりのピンク、スカンジナビアピンクは赤系のピンクといえます。

カラーカードではヘンリエッタとアントワネットのピンクが並んでいますが、アントワネットのほうが目的の色に近い位置にあるので、アントワネットを軸に混色します。

作りたい色はアントワネットに対して、より黄身を帯びているので、赤から黄色の範囲の中からの色を選びます。そこでピンクでもある、スカンジナビアピンクをセレクト。

アニースローンチョークペイント

今回のテラコッタカラーのピンクを作るには薄ピンクのアントワネットに赤・オレンジ系のスカンジナビアピンクを混ぜることで、テラコッタカラーが誕生します。あとはお好みに応じで微調整です。

土屋さんのテラコッタ混色とボード作成例

アニースローンチョークペイント

土屋さんがご自身で混色され、ボードを塗装されました。素敵な色ができました。 ペイントのことを記事にしてくださっています。 素敵に活用ありがとうございます。

『ペイントって楽しい!!撮影用ボードをテラコットカラーでDIY!!』

混色についてまとめ

アニースローンのカラーカードを見ながら、何色に近い色かを考えながら、混色されるとやりやすいと思います。

作りたい色は何色に近いかというキーカラーを決める。

作りたい色はキーカーラーに対して、ほかの色を含んでいるなら何色かしらとカラーカードを見る。

混色してみる。

ご自身で検討がつかない時はお写真を送っていただければ、一緒に考えたいと思います。あくまで写真の上からの判断なので、まったく同じとは言えませんが、できる範囲でご相談に応じます。

info@cherrybeans.jp  担当は荒井美保がいたします。

アニースローン チョークペイント・ワークショップ・フォトスタイリング チェリービーンズ
お買い物はチェリービーンズのショップサイトにて
webshoplogo

ブログランキング参加しています。皆様の応援 励みになります。ジャンルを変更したので、皆様の応援どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村> Instagram

cherrybeansの荒井美保です。アニースローンチョークペイント・写真撮影用ボード・トールペイント材料等ペイントに関する専門店を運営しています。フォトスタイリストの美保が写真撮影に役立つ写真撮影用ボードの提案やペイント情報発信しています。
どんな小さなことでもご相談にのっています。お気軽にお問い合わせください。
info@cherrybeans.jp


Subscribe / Share