ブログ

ペイントを選ぶ基準は何?教室休みの「夜にペイント」をしたご夫婦のリペイント例です。

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

以前に比べて家の中をペイントで塗る人が増えて来ました。壁などを自分で塗る習慣がなかった日本にも少しづつDIY流行の流れでペイントも浸透してきています。
何を基準にペイントを選んだらいいのか?? みなさんの疑問です。
私なら、天然素材、においがない、質感がある、塗りやすい、乾きが早い、色がきれいなアニースローン チョークペイントをお勧めします。

私のフォトスタイリング講座の生徒さんだった「古川悦代」様。加古川市内で「紅茶、パン、ケーキ教室Tea Andorra」を主宰。

もと【喫茶店】だったところを改装されて「アトリエ」にしています。洗面スペースをアニースローンペイントを使ってリペイントされました。

teaandora
リペイントされた日は教室がお休みで、ご主人がお休みのお盆の夜。唯一その夜がペイントできる時だったようです。

締め切った部屋で深夜にペイントしました。「においがないので、作業がしやすく、乾きが早い。時間がない時にもすぐ塗れる。」
これはペイントをされたご主人のご意見です。

古川さんは「アニースローンペイントの質感と色みに夢中」です。マットなお色みはなかなか日本では見れないお色です。
今回お選びの色みは「ダックエッグブルー」と「オールドホワイト

壁は「ダックエッグブルー」、洗面台は「ダークエッグブルー」に上から「オールドホワイト」をかけています。サンドしてところどころ「ダックエッグブルー」を見せています。
タイルもご主人が貼られたそうです。 奥様のお好みをご主人が再現、素敵ですね。

「ダックエッグブルー」はさわやかなお色みでチェリービーンズでもショップの洗面台をダッグエッグブルーでペイントしています。

ショップ洗面台はこちらから→ショップ洗面台記事

 

古川さんのコメントです。

元写真が茶色のイメージで塗る前のほうがトータル感があるように見えるかもしれませんが、部屋全体を見るとブルーが映えてとてもよいです。
仕上がりに満足しています。

アトリエをリペイントされたり、教室で使うトレーをペイントして、アニースローンペイントをご愛用です。
「紅茶、パン、ケーキ教室」は人気の教室です。 ヨーロッパに何度も出かけて修行をされている素敵な先生です。幼少のころから海外出張が多いお父様のお土産の紅茶の味が忘れられなくて、
その紅茶を求めて教室も始められたとか・紅茶販売もあります。 「Tea Andorra」のHPはこちらから→「Tea Andorra」
いろいろなペイントが販売されている昨今、質感と色目がよくて、においが無くて、自然塗料で化学物質が入っていない「アニースローンペイント」は選んで頂ける価値あるペイントです。ぜひお試しください。

ペイントは体験ワークショップからのスタートも悪くはないです。できる自信がつきます。ワークショップはこちらから→ワークショップ

色目の相談等はお受けいたします。上の問い合わせからかinfo@cherrybeans.jpにお尋ねください。



自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月30日開催します。(土)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. スーパーブレイン メソッド1dayプレミアム講座
  2. 写真撮影用ボード
  3. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク

アーカイブ

PAGE TOP