最近、「ダックエッグブルー」と「ルイブルー」の色目で迷う人が続出、チェリビのドアで比較説明しました。

最近、「ダックエッグブルー」と「ルイブルー」の色目で迷う人が続出、チェリビのドアで比較説明しました。

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

最近、お客様のなかで色選びをするときに「ダックエッグブルー」と「ルイブルー」を迷われる方が偶然にも数名いらっしゃいました。
colou1

チェリービーンズのショップのリノベーションをした時の画像で参考になればと掲載します。

こちらはリペイント後の写真です。

ドアが「ルイブルー」
壁は「パリスグレー」床は「フレンチリネン」階段の上部は「フレンチリネン」、階段の高さは「オールドホワイト」です。

RUISB

こちらがリペイントの前の様子です。すごいでしょう!!

ショップは中古の一軒家 昭和40年代の家です。

12596097_791917277600671_352898109_n

ショップのドアです。

S__7061507

「ルイブルー」はパステルブルー、ダッグエッグブルーよりは明るいお色目になります。
「ダックエッグブルー」はブルーだけど、グリーンがかった色になります。
色を判断するときは何かと色を比べて判断することが多いです。横の色との対比で選ぶのが選びやすいと思います。

「ダックエッグブルー」は安定した落ち着きのある色目、「ルイブルー」は明るいですが、鎮静効果があるお色目だとされています。

ショップ入口のドアも「ルイブルー」でペイントしました。

先日ご紹介した、ショップ側のドアは「ダッグエッグブルー」でペイントしています。 このルイブルーの扉の裏側です。

500sizedoor

白い漆喰の壁に「ダックエッグブルー」は似合います。ルイブルーのほうが彩度が高いお色目ですので部屋が明るくなります。

どちらもアクセントの色としては目立ち過ぎず、さりげなくいい仕事をしてくれるお色だと思いますが、「ダックエッグブルー」のほうが落ち着いた感じがします。

どんな風なイメージにしたいかでお選びいただければ、どちらもよい色だと思います。

例えば今のインスピレーションでひらめいた色をペイントして、飽きたら選ばなかったほうの色でペイントするのもありです。
長年住んでいればいろいろと事情も変わってきます。ですので、今の気分で選んで頂いて、飽きたらその時のインスピレーションで塗り替える感覚がおすすめです。 時代がどんどん変わってきて、環境も変わってきます、加齢とともに嗜好も変わります。

新築の時は迷うと思うのですが、アニースローンペイントならやり直し、塗替えが簡単にできますので、隣との兼ね合いでわくっとするものを選ばれたらと思います。

この2色はブルー系では人気の高いお色目になります。 あなたならドアを何色にペイントしますか?

ペイントを楽しみましょう。 あなたのお好きな色をペイントしてみませんか?

ペイント相談はメールや電話でお受けしています。
info@cherrybeans.jp  もしくは079-423-5102 荒井まで お気軽にご相談下さいませ。

アニースローン チョークペイント・ワークショップ・フォトスタイリング チェリービーンズ
お買い物はチェリービーンズのショップサイトにて
webshoplogo

ブログランキング参加しています。皆様の応援 励みになります。ジャンルを変更したので、皆様の応援どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村> Instagram

cherrybeansの荒井美保です。アニースローンチョークペイント・写真撮影用ボード・トールペイント材料等ペイントに関する専門店を運営しています。フォトスタイリストの美保が写真撮影に役立つ写真撮影用ボードの提案やペイント情報発信しています。
どんな小さなことでもご相談にのっています。お気軽にお問い合わせください。
info@cherrybeans.jp


Subscribe / Share