ブログ

雰囲気のあるカフェの基本色

ゴールデンウィークの最終日は東京でした。
いつもならホテルのブレックファーストを食べたり、ホテル近辺のカフェで
朝食を取るけれど、この日はこのカフェで、過ごそうと決めていた。


インスタグラムで友達がアップしていたのを見て、いつか行きたいとストックしておいた情報。
このカフェのインテリアに惹かれて、いつかその場に身を置きたいと言う
ひそやかな夢を叶えた。プチ幸せ。

なぜひかれるか? アニースローン的色の感覚が入っているから?
黒のドア、カウンター台、グレーのカウンターとカウンター、
大理石の天板。 丸い照明、つるっとしたタイルの壁。

色のイメージでいうと、アニースローンチョークペイント的にはこんなラインかな?

再現可能な色のライン達。マットな仕上がりが美しい。

つぼになるものばかり。 そんなに大きなスペースの場所じゃないけれど、
行ってみて、「ああ、そんなに大きくなかったんだ」と感じたけれど、
それが期待はずれではなく、見せ方、印象によって、人の心を動かすんだな。

つるっとしたタイルとマットなペイントの質感、この組み合わせが今風なんだろうなぁ。 椅子の質感と色目も合わさって、空間を作っている。

こういうところに訪れた時に、自分の住んでいるところとは別の世界だって思って、「ああ気持ちが良かった」で終わっていませんか? 

もし、訪れた先で素敵なシーンを見たら、自分の頭に残って素敵な場面のイメージが想像できて、再現できたら素敵だって思いませんか?

特に色のついたものを見たときに、「こんな色好き」とか「こんな色のイメージとか」って思った時に形に残せたらいいですよね。

じつはカンタンです。

「大事なことはモデリング」

訪れた時に許可とって、写真を撮っておくのは目に焼きつき再現しやすい。

あとは訪れた店の印象を目に焼き付けることを意識するだけ。

マットな塗装なら、アニースローンチョークペイントで仕上げたらステキだなっと思います。

興味ある色を再現するって楽しい。

機会があったら、訪れてくださいね。東京、表参道、骨董通り。

lohasbeans coffee – lohasbeans coffee

自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月30日開催します。(土)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. スーパーブレイン メソッド1dayプレミアム講座
  2. 写真撮影用ボード
  3. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク

アーカイブ

PAGE TOP