ブログ

塗り直して価値が上がる「アップサイクル」椅子で始めよう、簡単ペイント!

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

アニースローンペイントを使った「アップサイクル」な大人女子のためのアイデアを提案しています。
去年、所属する日本フォトスタイリング協会のサイトで椅子の塗替えのペイント記事を掲載しました。
暮らすスタイリング→暮らすスタイリングサイト

いすの塗替えをすることで、簡単にインテリアを変えることができます。 家の椅子がちょっと汚くなってきたなと思ったらとりあえず
リペイントしてみてください。 雰囲気が変わりますよ。

ご自身でペイントしたものは愛着がわき、古いものでも大事に使えます。
「アップサイクル」になり、前よりすてきになったりするので、ぜひおすすめです。

私は最近リサイクルショップに行くことがあります。塗り目的だったらとっても安くでリーズナブルなものが手に入れることができるのです。
今回の塗替えのいすはなんと360円でゲットしました。

捨てたり、あきらめる前に塗替えをやってみると、自分の気分が変り、また部屋の雰囲気が変わり、新しいものとして再利用できます。

いすは実用的なものですが、インテリアチェアとしてディスプレイに使える便利アイテム。
アニースローンペイントで塗り替えると前よりすてきになりました♪

1度塗りで塗り替えるだけで雰囲気は変わるのですが、2色使いだと深みがでるので、2色使いにしました。

12204989_754093664716366_671302235_n

仕上がった椅子です。ウィリアムモリスのクッションの色合いと似合います。

151119_154026

※ウィリアムモリスはイギリスの思想家で詩人で近代デザイン史上に大きく影響を与えた人らしいです。
その中でもファブリックが有名で100年以上たった今もそのデザインが人気になっています。このデザインは日本語では生々しく「いちご泥棒」という名前ですが、
英語では「Strawberry thief」ときれいな感じでまとまっています。
パイピングの色がダックエッグブルーみたいでシックなんですよね。 ダックエッグブルーもアニーが昔の色からインスピレーションを受けた色の1つだと聞いています。
アニースローンペイントの色合いはそういった伝統色の中から作られた色目が多いので、落ち着きのある素敵な色目が多いんですね。

椅子に使ったペイントは「オールドホワイト」と「ダックエッグブルー」です。下地にオールドホワイトを使うことで上にぬるダックエッグブルーが明るく影響があります。

色を決めたのは先にウィリアムモリスのクッションカバーの色が素敵で買っていて、似合う色にしたいなとダックエッグブルーを思いました。

↓ こんな風に座るのではなく、ディスプレイとして使ってもかわいいです。

151119_153638

ボックスもバーンスターもアニースローンペイントでペイントしています。

それぞれの塗り方もご紹介しています。  ボックスはこちらから⇒ウォールフレーム

バーンスターはこちらから⇒バーンスター



自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月23日開催します。(祝日です)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント
  2. アニースローンチョークペイント
  3. アニースローンチョークペイント
  4. アニースローンチョークペイント クリーム

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク
  2. ヴィンテージボード
  3. 方眼ノート講座

アーカイブ

PAGE TOP