ブログ

ボロボロでも形と大きさが気に入ればペイントでかっこよく変身できる。質感のアニースローンチョークペイント

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!
アニースローンチョークペイントの仕事をしはじめて、捨てるものも今一度見直すくせがついてきています。
アニースローンチョークペイントで塗り替えると、また新しいものが生まれるんです。
これを欧米では「UP CYCLE、アップサイクル」といって、前のものに手を加えてさらによくなることをいうんです。
海外ではかなり前から浸透しているのですが、最近は日本でもDIYとともに少しづつ認知しだされました。
アニースローンチョークペイントで塗ると安価なものも安もんぽく見えないんです。
それは炭酸カルシウムからできていてマットな仕上げりで、 質感がいいからです。
この質感があるとカラーボックスだっていい感じに変身できるのです。
アニー最大の特徴だと私は思ってます。
今回はフレームの塗り替えです。
フレームを探していたときに、義母が不燃物で捨てる準備をしていたフレームに目がいきました。
「あっ 使える!!」「私に下さい!」
アニースローンペイントの創立者・アニースローンさんが一昨年、私のショップに来ていただいたときに、本の原画をいただきました。
それを飾るガラスつきのフレームを探していたんです。
サイズを測れば、ぴったんこ。これはもう塗るしかないと思いました。
かなりぼろぼろになっていましたので、できるだけ塗装を剥ぎ落としました。
入れたい原画は左です。
『うまくいく室内のカラー計画』というインテリア書をアニースローンさんが日本語版で2003年に発行されています。
その中に掲載された1枚をいただきました。
塗り替える色はオールドホワイト。
サクッと1回塗りです。下地が見えていても構いません。
ペイント完成です。
クリアワックスで全体を塗布します。
少し古っぽくみせたいので、さらにダークワックスを塗布します。
部分的にいれたいので、ウエスで塗ります。
完成です。
原画を入れてみました。
飾っているのはショップの玄関ホールです。
パリスグレーでペイントした壁に飾りました。
ドアは「ルイブルー」で塗り、シャンデリアは「グラファイト」で塗っています。
いすはリサイクルショップで買った360のいすです。こちらの塗り替えはここから→椅子塗替え

 

追加:
フレームを白にしたのは、中の原画の色との関係をまず考え、さらに飾る壁の色、隣接するドアの色も考えて決めました。

色選びも楽しいですよ(迷いますけれど・・・)。

捨てる直前のフレームは好みの色じゃないし、ボロボロでした。
形とサイズのみがあいました。
アニースローンペイントを愛用していなかったら、たぶん素通りだったと思います。
アニースローンペイントには別物に作り替えるマジックみたいなパワーがあります。
色や古さだけではなく、形に注目して不用品を見てはいかがでしょう?
素敵なアイデアが浮かんでくるかもしれませんよ。


自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月23日開催します。(祝日です)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント
  2. アニースローンチョークペイント
  3. アニースローンチョークペイント
  4. アニースローンチョークペイント
  5. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク
  2. ヴィンテージボード
  3. 方眼ノート講座

アーカイブ

PAGE TOP