ブログ

100均フレームもアニーで塗れば別物に変身。

パリの陶器やさんの「アスティエ」の話をしました。アスティエで見たアンティーク感のある佇まいは私にはとても強烈なインパクトを残しました。

アニースローンチョークペイント
アニースローンチョークペイント

一緒に旅したカラーの専門家のお友達が、やはりアスティエで見た陶器のパレットが強烈なインパクトを残し、後日日本に戻ってから、ご家族にお誕生日のプレゼントにこのパレットをもらったという話を聞きました。

私たちは本店を訪れた時に「魔法」にでもかかった気持ちになりました。

アニースローンチョークペイント
エッフェル塔のポストカードはアスティエでゲット 

旅に行くことが最近は減っていたのですが、旅先で買ったりしたもので、旅を思い出したりするのは好きです。

なので今回はアスティエでもらったカードを飾るために100均フレームを塗装します。塗装はあっという間の10分 筆を洗うところまでです。

アニースローンチョークペイント

ザクッと塗ります。

アニースローンチョークペイント

乾いたら、クリアワックスを塗って仕上げます。

濃い色のペンキをアンティーク風にするには?

今回は濃い色なので、アンティーク風に見せるには濃い色を足しただけでは色差が目立たないので、ギルディングワックスなる、メタリック仕上げのワックスを塗布して、アンティーク感を出そうと思いました。

アニースローンチョークペイント ギルディングワックス

金銀銅の3種5色あるのですが、クリアワックスを塗った上で、これらのメタリック効果のあるワックスを塗布します。 ウエスのような柔らかい布で、すり込みます。 

アニースローンチョークペイント

ところどころに入れます。 全体を覆ってしまうと、メタリックすぎるので、適度に入れます。

アニースローンチョークペイント

仕上がるとこんな感じです。 

アニースローンチョークペイント

私は自宅のトイレにかけています。 色的にはナポレオンブルーの濃い色がこの場所には濃かったかなとは思いましたが、自分が心地よいと思ったら、それもありかと思っています。

アニースローン,溶剤 | Cherrybeansの通販

この記事は2019年1月30日に暮らすスタイリングに掲載された記事からリライトしました。記事は別の切り口で提案しています。よかったらそちらもご覧ください。

パリに学ぶ色使い~100均フレームをペイントして飾り方を再現 : 窪田千紘フォトスタイリングWebマガジン「Klastyling」暮らす+スタイリング

自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月23日開催します。(祝日です)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント
  2. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク
  2. ヴィンテージボード
  3. 方眼ノート講座

アーカイブ

PAGE TOP