ペイントして乾かしたけど、ペイントがついてきました。どうなっているのでしょうか?の問い合わせのお答え

ペイントして乾かしたけど、ペイントがついてきました。どうなっているのでしょうか?の問い合わせのお答え

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

アニースローンペイントを塗った後、ペイントが少しつくというお客様から問い合わせがありました。

160201_142732

アニースローンペイントは自然塗料の炭酸カルシウムを主原料としています。

限りなく天然素材のため、「色落ちしない化学的な物質」は入っておりません
ですので、定着が他のものに比べて遅い部分があります。

ではどうすればよいか・・・

ペイントの水分がしっかり乾ききるまで、乾燥させます。
表面はすぐ乾きます。中の中まで乾ききるのには24時間以上かかり、乾くとペイントした面が
粉っぽいです。それはペイントの水分が蒸発して残った粉成分が表面に付着しています。
ですので、湿り気のある布で表面に浮いて来た「粉」をふきとってください。

そうすればペイントはいったん乾けば定着します。いったん乾くとすぐはげることはありません。

拭いた後も炭酸カルシウムの成分上、表面は若干粉っぽく残ります。
そこでクリアーワックスを併用して、 表面をしっかりコーティングしていただくとマットな感じで塗装面を保護し、質感を残して仕上げることができます。

チョークペイントとワックスはペアで使って頂くことをお勧めしています。

チョークペイントの足りないところをワックスが補ってくれる感じです。

アニースローンペイントの考え方は自然塗料にこだわり、そのものが時間を経て朽ちていくと同時にペイントも朽ちるのが自然だという考えがあります。

その変化も楽しもうというところです。

化学製品を含んでいる商品は色落ちを止める物質を含んでいるので、定着もしっかりしているものが多いです。
自然素材だからの特徴を生かして、ご使用いただければ嬉しいです。

そんなわけで通常使っているものと多少異なる点があるかも知れません。 何かあればお答えしますので、お気軽におしゃってください。

戸外でのお使いにも十分対応いただけますが、ペイントしてから乾ききる間の間には雨を避けていただければと思います。

戸外での使用の際は天候に気を付け、雨が降りそうな時はペイントを避けていただくようにお願いします。
いろいろお試しくださいませ。

いったん乾ききると通常のものと同様のイメージをしていただけたらと思います。

戸外でお使いの際はペイント後はワックスなどを塗らず、自然に朽ちていくのを楽しんでいただきたいのですが、より防水を求められる

かたはホームセンターなどで売られている防水剤などを上から塗布していただければと思います。

余談ですが、こちらのポットはルイブルーからアントワネットに塗り替えています。ピンクのものがほしかったので、とりあえずあるものを塗替えしました。

簡単に塗替えでき、また色を変えたい時はすぐピンクから別の色に変えれます。

自由に塗替えができて、塗りました感がでないのはアニースローンペイントの特徴です。自然の塗料のいいところが出ています。

 

12572987_924097111001644_2608544956498682367_n
2月のワークショップはこちら都合でリクエストに応じで実施する形にしています。
お問い合わせください。 info@cherrybeans.jp

3月以降はこちらでご覧ください。  ワークショップはこちらからワークショップ
アニースローンペイントに関するお問い合わせはお気軽にしてください。

私たちも思考錯誤で進んでいます。

アニーを知って私は世界観が変わりました。 ものでかわるのではなく、色で色々なことが変わることを体験しています。

素敵な世界を、お一人でも好きになっていただけたらうれしいです。

 

アニースローン チョークペイント・ワークショップ・フォトスタイリング チェリービーンズ
お買い物はチェリービーンズのショップサイトにて
webshoplogo

ブログランキング参加しています。皆様の応援 励みになります。ジャンルを変更したので、皆様の応援どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村> Instagram

cherrybeansの荒井美保です。アニースローンチョークペイント・写真撮影用ボード・トールペイント材料等ペイントに関する専門店を運営しています。フォトスタイリストの美保が写真撮影に役立つ写真撮影用ボードの提案やペイント情報発信しています。 どんな小さなことでもご相談にのっています。お気軽にお問い合わせください。 info@cherrybeans.jp

Subscribe / Share