ブログ

外に使うものはWAXでいいの?古民家リノベーションVol.2 

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローンのペイントの世界へようこそ!

先日ご紹介した切り文字 塗りました。(スタッフに塗ってもらいました。 😳 )
色は予告した通りの「アントワネット」です。

つるっとした300均の製品として仕上っている物の上に塗るので、定着は悪いですが、
マット力の強いアニースローン チョークペイントは難なく、塗れます。
これは外の壁に貼る予定なんです。
11188462_801607553250601_7752469375948131751_n

元画像です。

11164049_800699700008053_4493853076218196767_n

ラッカーとワックス

ペイントを塗った後は通常はワックスで仕上げますが、外用なのでラッカーを塗りました。
ラッカーとワックスの違いってどんな感じですかとお尋ねも時々あります。
ペイントの後、一旦乾くと定着しますが、 炭酸カルシウムでできているので、粉っぽさが残ったりします。
それが質感となっていい味をだしてくれるのですが、水がかかったり、塗った面が傷ついたり
するのを防ぐため、必ずワックスを塗っていただくことをお勧めしています。
アニースローンのワックスはマーガリン状の柔らかいので、簡単に塗ることができます。
アニースローンペイントのために開発されたワックスはペイントの質感を壊さずマットな仕上がりになります。
じゃぁ、ラッカーになるとどうなるの?  テカるっていうじゃないですか??  こんな感じです。↓

S__2457604

保護力をアップしているので(戸外での使用に対応する)、ラッカーのほうがワックスで塗るよりテカリがありますが、
それでも一般に売られているラッカー仕上げのものと比べたらあまり気にならない感じです。
それは元々のアニーの色にも仕上がりが影響している気がしています。

?ワックスの筆がありますが、ラッカーは何で塗りますか?

ワックスは専用の豚毛筆あります。豚毛でできていて、しっかりとした筆です。
ワックスが塗りやすいように開発された筆なので仕事しやすいです。

ワックス筆がない場合は、ウエスのような柔らかい布、Tシャツのような布でこするように塗っていただくとなじみます。

ラッカーは液体ですので、ホームセンターなどで販売している刷毛で塗ることができます。

BR-AS1BR-AS2

外のものを塗るのにチャレンジ

アニースローンのペイントはにおいもなく、 乾くのが早いのが特徴です。室内で簡単に
塗れるので、空いた時間にぜひ塗っていただきたいと思います。
ですがなかなか室内でペイントをするということはハードルが高いことかも知れません。
そこで、この連休中、外で外のものを塗るというところから始めてみるのはいかがでしょう?
明日 スターターキットのご紹介をします。 ちょっとだけペイントすることに心動いた方は
お得なおまけがついているので見てくださいね。

 

anntoinette53

ワックスの筆はこちらで販売中

次は貼ったところをご紹介します。



自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月23日開催します。(祝日です)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク
  2. ヴィンテージボード
  3. 方眼ノート講座

アーカイブ

PAGE TOP