ブログ

「ナポレオンブルー」カラーの写真撮影用ボードは表情が出る。フォトスタの先輩「平原みどり」さん

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローン ペイントの世界へようこそ!

火曜日はお客様の写真スタイリングボードのご紹介をさせて頂こうかなと思っています。
時にずれたり、遅れたりあるかもしれませんが、継続して行けたらなと思います。

今日ご紹介するのは荒井のフォトスタイリングの大先輩になります「平原みどり」先輩。
今年2月に東京でプライベートワークショップを開催させて頂き、その時にご制作頂きました。

e0136511_14395084

つなぎ目のない1枚板のパイン材にペイントをされています。
カラーは「ナポレオンブルー」  ナポレオンが愛したブルーの色から取ったネーミングになっています。

「ナポレオンブルー」は花紺のような色・・・ 20世紀の装飾に使われた色、コバルトブルー、ウルトラマリンブルーを顔料に作られています。

光によって、色の見え方が変わるのがすごく素敵です。 アニーのダーク系は【ナポレオンブルー」と「グラファイト」がお勧め。

e0136511_14402089

食べ物系に「ナポレオンブルー」はお勧めです。
下地ボードの役割は「主役を引き立てる」ことです。 下地が主張することなく、雰囲気をすごく
作ってくれます。

先輩の平原さんは日本フォトスタイリング協会の1級インストラクターコースの添削講師をされたり、軽井沢のオシャレ度の高い「Resort style」というショップのパートナーブロガーをされています。
「時代」をよく読まれたフォトスタイリング作品を生み出し、的確なスタイリングの指導は協会の中でも定評を得ています。
私がフォトスタイリングを始めた時の添削講師で指導を受けました。 色々なアドバイスを頂き、今では後輩として仲良くさせて頂いていおります。
平原さんのおしゃれなブログには刺激をもらっています。ブログはこちらです→「きれいの瞬間」
今はお忙しいですが、 アニースローンペイントをご購入頂いていますので、今後平原さんテイストのボードがでてくるのがとても楽しみです。

スタイリングボードは色々なシーンでお使いいただけます。 表裏別の色に塗っておけば2パターン出来上がります。
色の選択はそれぞれの感性でお選びいただければと思いますが、 表をオールドホワイトのような定番の色をお選び頂き、裏はナポレオンブルーやグラファイト(黒)みたいなダーク系を選んで
明るい系+ダーク系にするか表を「ナポレオンブルー」にして裏を「グラファイト」のようなダーク同士で1つのボードを完成するかなどパターンが有ります。
ご入り用の頻度に合わせてお作り頂くと使い勝手が良いです。

ボードはワークショップでご自身でお作り頂くのと、ボードご依頼製作、そしてアニースローンペイントをご購入頂いて製作して頂くことができます。

色と質感のあるアニースローン チョークペイントで作るボードはお勧めです。 写真にもさりげなく質感が伝わります。
ぜひご自身が手にして、撮影してみて、効果をご検証下さい。 きっと満足する仕上がりになります。

あなたのお写真の必要性をヘルプする素敵な撮影用スタイリングボードです。
次はあなたの作品をご紹介させて頂きます。



自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月23日開催します。(祝日です)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. anniesloanshabbywhiteboard

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク
  2. ヴィンテージボード
  3. 方眼ノート講座

アーカイブ

PAGE TOP