ブログ

作品撮りがこんなに変わる!撮影下地用スタイリングボード

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローンのペイントの世界へようこそ!
このサイトでは、「撮影下地用スタイリングボード」をよくご紹介していますが、
これは、文字どおり、商品撮影や作品撮影の下地に使うボードのこと。

スタイリングボードと呼んでいるのは、商品や作品を美しく表現する、フォトスタイリングに使うものだからです。

ブログやネットショップで目をひくのは、なんといっても、美しい魅力的な写真。
それゆえ、「商品が魅力的に見えない」「作品がうまく撮れない」というお悩みの声もよく伺います。

140620_1252_02
私はフォトスタイリストの仕事もしていますが、美しい写真を撮りたいとき、いちばん最初に効果的なのは、撮影用下地スタイリングボードを使って撮影することなんです。
フォトスタイリングとは、写真をどう魅力的に撮るのかを、撮影前にスタイリングする方法を法則化したものですが、下に敷くものによって大きくイメージが変わります。

だれでも簡単に、素敵な写真が撮れるようになる第一歩。
まず下地スタイリングボードを作ることから始めてみませんか?
スタイリングボードを使うと、こんなに写真が変わります

では、さっそくその違いを見てみましょう。
1枚目の写真は、スタイリングボードを使って撮影しています。

boradL

スタイリングボードを使わず、普通のテーブルの上で撮影すると・・・

nonboard

ボードを使ったほうが、断然、おしゃれ感がありますよね。
板一枚で、こんなに変わるのですから、スタイリングボード恐るべしです。

boardmininonboardmini

アニースローン チョークペイントのボードがおすすめな理由

スタイリングボードはさまざまな板材、塗料でつくることができますが、アニースローン チョークペイントは、質感のある、マットな仕上がりになるところが優れています。

テカリがなく、自然になじんで、脇役に徹してくれるところがいいところなんです。

他のペイントはつるっとした質感があるものが多いですが、アニースローン チョークペイントは、炭酸カルシウムでできているので、液体であっても濃度が濃く、どしっとしていて、しっとりなじむ感じになります。

スタイリングボードだけではなく、その質感は、小さな雑貨から家具のリニューアルまでいろいろなものに合うと思います。
この質感は、他のペイントにはない、お勧めポイントです。

色も37色あり、さらにいろいろと展開ができます。
お好みによりますが、シャビーに仕上げたい方は白のシャビーボードがおすすめ。
一番のおすすめは、「オールドホワイト」仕上げです。

※シャビーの意味はこちら シャビー

お好みの色・質感で、ワークショップかオーダーで作るのがおすすめ

スタイリングボードを使うのは初めて、という方はぜひワークショップで、ご自身のお好みのボードをつくってみてください。

 

ワークショップはこちらから→ワークショップ
時間がない、チェリービーンズが遠くていけない方はオーダーでもお作りしています。
詳しくはボードオーダーのページを見てください。  ボードオーダー

ペイント経験のある方、自力でやってみたい!方にはスターターキットがおすすめです。
便利な道具をセットして、お買い求めやすい値段になっています。

お求めはショップまで



自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月30日開催します。(土)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント
  2. チェリービーンズ 写真撮影用ボード
  3. チェリービーンズ
  4. チェリービーンズ 小笠原

最近の記事

  1. スーパーブレイン メソッド1dayプレミアム講座
  2. 写真撮影用ボード
  3. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク

アーカイブ

PAGE TOP