ブログ

背景を変えると雰囲気が変わる実例   

チェリービーンズのアニースローンチョークペイント

撮影場所がないという人の普通の家でもステキな写真が撮れる理由

個人で何かを発信していて、写真が必要なんだけど、自宅では撮影場所がないのよねって思っていらっしゃる方いらっしゃいますか?

写真撮影用ボードがあれば、撮れるんですよね。えっどこで撮影したの?ってことになるんです。 そんなボード手に入れてみたくないですか?

チェリービーンズのアニースローンチョークペイント

一番上と同じ構図を自宅アトリエの壁、漆喰の前に写真撮影用ボードを下に敷いて、撮影してみました。 
漆喰の壁はそれだけで雰囲気があるので、別にいいやんと思われるかもしれませが、うちのアトリエでのベストプレイスなので、しょちゅうここで撮影しています。
なので、似たような写真と思われてしまいがちなので、雰囲気を変えるために
撮影用ボードを2枚使って、世界観を作っているのです。

チェリービーンズのアニースローンチョークペイント

写真撮影用ボードを2枚使うと別世界

写真撮影用ボードを使うとそこは自分が思う世界が作れます。同じものを置いても漆喰の前の写真とは別写真になります。ボードを2枚使うと、それぞれ表裏で4種類で、12パターンも作れるのです。2枚あれば、かなりの変化のある世界観が生まれます。
背景で写真を見たときの印象は変わります。
写真を使って商品や教室の作品を紹介する時は、背景を何を使うかでその物の見方が変わります。

写真は一瞬でそのページを見るかどうかのインパクトを与える

ブログで写真を貼る。そして記事を読んでもらう。

写真の良し悪しは一瞬で自分が書いた記事を見てもらえるかどうかの決め手になります。写真の第一印象で記事を読む気持ちに大きく左右されます。
内容が良いことを書いていても、その人の上げる写真によってその人のことをみてしまうところがあります。

目から入る情報は一瞬だからです。売りにしたいものを一瞬で見せて心を動かせるのが写真という訳です。

心を動かす写真は大事で、少し今の暮らしより上の世界を作ることができ、その世界を作り続けることで、自分のリアルな世界も少しづつ前進する。
そんなことが起こってきます。 目から入る情報はとても大事です。

あなたも写真撮影用ボード、使ったことがなければ一度使ってみてください。
何を選んだらいいのかわからない方はご相談に応じておりますので、お気軽にお声掛けください。 上の問い合わせもしくはinfo@cherrybeans.jp から問い合わせください。

今回背景に使ったボードはウッドグレイン風ダメージボードです。ASS-OD63
興味ある人はサイトでお待ちしております。

ASS-OD63 ウッドグレイン風ダメージボード-Cherrybeans
!– wp:paragraph –>



自分の夢を叶えるためのノート術

の講座をやっています。

これで荒井は仕事の効率を上げ、 自分の段取りがスムーズになりました。


「方眼ノートベーシック講座」 11月23日開催します。(祝日です)


申し込みはこちら

メルマガ配信はこちらから

メルマガ配信フォーム

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

チェリービーンズのショップはこちら


ネットショップ

関連記事

  1. チェリービーンズ オールドホワイト
  2. チェリービーンズ
  3. 写真撮影用ボード
  4. チェリービーンズ 写真撮影用ボード
  5. チェリービーンズ

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード ストーンボードダーク
  2. ヴィンテージボード
  3. 方眼ノート講座

アーカイブ

PAGE TOP