ブログ

美術館に行って、「絵を見る効果は仕事にも使える」

昨日、ゴッホ展に行ってきました。

絵を見に「美術館に行ってみたい」って
思ったことありますか?
「ないなぁ」て思った人がいたら、
こんなことできれば、行ってみたい人は
出てくると思うのですが。

写真撮影用ボード

たった数時間、絵のあるその場にいるだけで
自分の中でいろんな感情が起こってきます。

脳は普段使っている部分とは違う場所を刺激
されることで、普段使っている場所を休ませる
ことができる。

リラックスすることで、あらたなエネルギー
が生まれてきます。

その感情は日常では味わえない感情。

自分のイメージする力がかなりアップ
します。

特にゴッホの絵はアーティスト性が高く、
いやされる色や内容がたくさんあります。

生で観て、好きな1枚がでてくる
と思う。

その自分の感性を大切にし、イメージを
膨らませると発想力が増え、仕事に使える
新たな切り口が生まれることもある。

荒井はお気に入りの作品のポストカードを
必ず買うようにしている。

そして、家で飾ることを考えている。

写真は新色、アテネブラックのベタ塗りの
写真撮影用ボードの上での撮影です。
イメージさせたいものがはっきり目立つ
場所で撮影すると数倍印象よく残ります。

興味あるかたは下記から

ASS-OD2 シャビーボード 9枚板合板-Cherrybeans
美術展の詳細はこちらから

兵庫県立美術館 ゴッホ展 ハーグ、そしてパリ。ゴッホへの道ー

関連記事

  1. 簡単クラフト
  2. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. マーカー
  2. 写真撮影用ボード
  3. FOCUS Mapping
  4. 10minFOCUS Mappingオンライン講座 中級編

アーカイブ

PAGE TOP