ブログ

「プロバンス」カラーでアトリエ外回りをリペイント【古川様】

こんにちは チェリービーンズの荒井です。
アニースローンのペイントの世界へようこそ!

古川さんがペイントされたアトリエの外回りをご紹介します。

140709_1445

ペイントされた色は「プロバンス」です。
南フランスのシャッターやドアを思い出させるカラーです。
この色はモダンな色使いにも良く合います。白系の壁を背景に配置すると
とてもよく引き立ちます。

白い壁がぴったり合っていますね。海外のお家みたいな感じです。

古川さんはチェリービーンズでフォトスタイリング準1級を終了された方です。
紅茶とパンのお教室をされており、こちらはそのアトリエです。

古川さんはルコンドブルーで製菓、製パンを習われ、ヨーロッパにも何度も
研修しにいかれている素敵な方です。
地元、加古川では人気のお教室です。

何度かお伺いしたことがありますが、元喫茶店を改造されてアトリエを作られて
いるので、中もとても素敵にリフォームされています。
写真に写っているドアはご主人のお手製だそうです。DIY好きのご主人が
ペイントも全部されたそうです。

140709_1456_01

140709_1458

140709_1452_01

 

ペイントしてみてのご感想をいただきました。

アトリエのドア、窓周りの塗り替えをしたくて、色々な国内メーカーのペンキを探し、
ペンキ屋さんに色を混ぜてもらっていたのですが、思うような色ができずにいました。
そんな中、荒井先生がアニースローンペイントを扱われることになり、その中にあった
プロバンズが私の探していた色でした。すぐ連絡して、主人に塗り替えてもらいました。
本当に好きな色に”であってしまった”と言う感じです。
アニースローンチョークペイントで塗替えをして、自分のイメージ通りの外観ができ、
とても満足しています。

古川悦代さんのHPはこちらから

アニースローンチョークペイントは外回りにもお使い頂くことができます。
室内用はペイントを塗った後、ワックスで仕上げますが、外回りの場合は保護力を
上げる意味でラッカーのご使用をお勧めしています。
ラッカーはワックスに比べて、少しテカリますが、一般の市販ラッカーよりはかなり
マットな仕上がりになります。

ステンレスのドアをアニースローンチョークペイントでリペイントして、シャビーに
仕上げた方もいらっしゃいます。

あなたの家のドア、変えたいと思うなら、変えることができますよ。
けっして、大がかりすぎることはありません。やる気ときっかけです。

”色”でライフスタイルは変わります。
始めの一歩はチェリービーンズのワークショップで初めて見るのもいいかもです。

 

 

 

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント
  2. アニースローンチョークペイント

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP