ブログ

ビフォーアフターがすごい!古いテレビサイドボードペイント

アニースローンチョークペイント

古い家具をペイントすると前のもの以上に価値があがる。

これを「アップサイクル」と呼び、海外ではかなり浸透しています。
海外では歴史あるおしゃれなものがいっぱい残っています。

ペイント前の画像を見たら、えっとなりますが、
アフターをみたら、「誰かに言いたくなる」
そんなペイントのご紹介です。

アニースローンチョークペイント

ペイント前の古い家具です。古っぽくて、アンティークとして見るには
そこまでいかないテイストで、「古っ」となるレベルの家具だと思います。

アメリカのJen Greenさんのペイントのご紹介です。
アニースローンチョークペイントのアメリカの販売店さんで
すごくいっぱい塗装して、家具も販売されています。
許可をいただき、掲載させていただきました。

こちらに使ったのはアテネブラック、グラファイト、
オンフルールの3色です。

 

アニースローンチョークペイント
単色だけでも雰囲気がありますが、3色を使って、
ニュアンスを出せば、奥行きの深い色合いが出せます。

自分自身、作業をしていくうちにテンションが上がります。
ビフォーアフターを体で感じることができるから。

「ええ、これが???」

と塗り替えるだけで、「変わること」を目にして
驚き、
仕上げてみれば、
「人に見せたくなる」仕上がりに、テンションが
あがります。

仕上げはクリアワックスを塗布してから、
ブラックワックス、ダークワックスを塗布して
最終仕上げです。

ポイント: いきなり濃い色を塗ると、置いたらそのまま定着して
しまうので、クリアを先に塗って、濃い色が動きやすいように
しておくことがポイントです。 つけすぎ注意です。

どこまでこだわるの?
というぐらい、ニュアンスを持った仕上がり。

ペイントする人にはたまらない至福の
時かもしません。

動画を見て、よかったら感じてください。 上はワックスを塗ったところ、
下2段はまだ塗っていないところです。

 

アニースローンチョークペイント

詳しくはこちらのインスタグラムでご覧ください。

ストーリーの左から2番目がこのペイントの情報です。

アニースローンペイントはこちらから

関連記事

  1. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード
  2. 写真撮影用ボード
  3. 差h新撮影用ボードスタンド
  4. 写真撮影用ボード

アーカイブ

PAGE TOP