ブログ

愛犬と自分の世界観をリンクするには・・色マジック

アニースローンチョークペイント

ワンチャンを撮影している、お友達のリカちゃんの
ペイントをご紹介します。
リカちゃんは、東京で、愛犬Anriちゃんと一緒に
Rika&Anri styleという撮影会を東京で、 毎月運営されています。

今はコロナ自粛で募集をされず、 2組様限定でリクエストが
あればやっているそうです。

いつもはメインセットをリカちゃんが撮影して、
セルフスポットをママ様達が ご自分で楽しむ
セットを2つstylingしている そうです。

わんちゃんの世界も奥が深く、
犬種によって育て方も気質も
繋がりも 違っているらしく、
リカちゃんは小型犬 を対象に撮影されています。

今回のセットの中の小道具を塗装されました。 窓枠です。

アニースローンチョークペイントのアントワネットを選んでくれました。

アニースローンチョークペイント


愛犬とのその時その時の写真を残したいという思いは、
愛犬家なら、多いでしょう。

愛犬の可愛いシーンを残したい!これって愛犬家の親心ですよね。
リカちゃんのようにプロとしてお仕事されて、
経験も積まれているかたは、素敵な世界観を表現できますが、
もし、自分でチャレンジできるとしたら・・・

まず考えるのは、何色の世界にしようかです。
メインカラーといいますが、例えば写真をみた時に
何色っていう印象を人が持つ色のことを言います。


そのわんちゃんを引き立てるのはと何色?と考えてから
メインカラーを決めます。

とはいうものの、実は色の印象を決めるのは背景とか、
下地とか面積が大きい所の影響が強いんです。
背景とか下地の色など大きい面のことをベースカラーと
いいます。

ただ、そこに印象をもっていくのではなく、
主役はあくまで、わんちゃんだから、
背景や下地の色はメインカラーとの相性を考え、
目立たず、主役を引き立てるものを選びます。

自分の世界観を出すためのポイントは、リカちゃんの
スタイルから学べることは次の3つ。

3point

3番目の作ったら、メインカラーの印象が消えてるってこと
がないように、チャレンジしてみてくださいね。

リカちゃんの写真のメインカラーはピンク。

だけど、背景をピンクで決めずに白にしておいて、
大きめの小道具でピンクを入れている。

抜け感のあるすてきなお写真になっていて、全体の
印象が、ピンクとかローズってイメージになっていると
思います。
これだけの小物を集めての、シーンはやっぱりいつも運営
されているから揃えられるんだなぁと思います。

毎月、可愛いセットを2つstylingして、
Rika&Anri style小型犬の撮影会を開催。
参加者の方は、撮影セットに合わせて可愛いドレスや、
ベッドドレスを持参されるそうです。

それもワンチャンママの親心ですよね。
どんなシーンにしたら、わんちゃんがかわいいか。

アニースローンチョークペイント

撮影会に参加された方にはBirthday Photoも承っておられます。
こちらのセットは5月限定のセルフスポットのf’ee du la rose
〜薔薇の妖精〜です。
6月はJune brideの予定です

いつもは、lineや、Instagramで募集。

開催場所がカフェなので時間予約制ではなく、
皆さんとランチ頂きながら、お喋りしながらの撮影会になっています。
カジュアルな感じの開催なので、ワンチャンママ通しの
お話に花を開かせながらの撮影会。すてきですね。

リカちゃんのインスタグラムはこちらから

ペンキのオーダーはこちらから↓

関連記事

  1. アニースローンウォールペイント
  2. アニースローンチョークペイント

最近の記事

  1. 写真撮影用ボード
  2. 写真撮影用ボード
  3. 写真撮影用ボード
  4. 差h新撮影用ボードスタンド

アーカイブ

PAGE TOP