ブログ

一瞬で、伝えたい世界は何?

写真撮影用ボード

一瞬で、伝えたい世界を伝える有効手段は
写真です。
その1枚に、一番伝えたいところにフォーカス
して、思いを込めて撮影しています。

これをみて、ワッフル美味しそう。って
思ってくれる人はいらっしゃるでしょう。

ある人は、下地をみて、こんな下地で撮影したら、
自分の商品だったら、どんな感じになるかな?

とか、アンティークっぽいトレーの上に
置いたら、雰囲気でるなぁとか・・・とか
いろんなことを思ってくれることを
想像します。

興味なければ、スルーされる。
興味があると、心が動き、購買に繋がる
もしくは私に興味を持ってくれる。

写真はいわば、人と人をつなぐツール
だと思っています。

写真は一瞬で、人を惹きつけ、人に足を止めて
もらえます。
あとは振り返ってもらったら、自分が
「何を伝えたくて、何をしている人で
もっと自分をことを伝えることができると、
その人たちと関係性ができる。

つまり、写真は一瞬で、人をひきつけることが
できますが、その後につづく・・・

その人の世界観が、大事になってきます。

「世界観てなに?」

私の考える世界観は、「そのひとの物のみかた」のこと
だと思っています。

自分が考えていることを表現することだと
思っています。

そこに共感してくださる人が、ファンになってくれ、
ビジネスが成り立つ。

そのためには、自分らしいものを・・・
他と差別化したものを生み出せると、
存在価値が生まれる。

つまり、「世界観があると、ビジネスはしやすい」
ことになります。

あなたが思っていることを、伝えるツールの
1つとして、写真は絶大なる効果をだしてくれます。

より大切なのは、どうあなたの世界観を作るか・・

それは、単に写真がきれいだけとかじゃない、
売れるための写真、人を惹きつけるための写真。

あなたらしい写真が撮れたり、選べる様になると、
物事の本質にフォーカスできるようになり、
面白い様に世界は動き出します。

それはどうしたら、手に入るか?

カンタンです。 写真を撮る前に、
あなたの世界観を考えることから
始めると・・・、選ぶ写真は変化します。

世界観の作り方・・・ お伝えする講座を始めます。

世界観て、自分が思っていることを、ビジュアル化、言語化
することだと思う。
一人ではなかなか、できないことだと思う。
そこに気づくことからのスタートしてみるのは
いかがかしら?


お手伝いできることはうれしいです。
私も人との絡みから気づきをいっぱい学んで
いるので。 

興味ある人、メールください。
詳しくはこちらから・・・ 

問い合わせ

撮影に使った下地はストーン風ライトボード ASS-OD5

写真撮影用ボード
商品

アンティークのトレイはカナダからの輸入品 あと1点です。

ティントレイ
商品

アンティーク風トレイは小さい方だけ単体販売もあります。
写真を撮るアクセントに雰囲気は出ます。

関連記事

  1. 写真撮影ボード
  2. annisloan-charchax
  3. 写真撮影用ボード
  4. チェリービーンズ 写真撮影用ボード

最近の記事

  1. followup
  2. カールパンチ

アーカイブ

PAGE TOP